2015年05月02日

格安スマホ特集

格安スマホについて...


格安スマホと呼ばれるスマホは、主に格安SIMとセットで販売され、
端末代金(分割)含めて、月額3,000円前後で利用できます。
ドコモやauでの契約のように、端末とSIMをセットで購入できるため、
格安SIMがあまり良く分からないという人にも人気を集めています。

契約すると080/090の電話番号が入手できるため、音声通話はもちろん、
MNPの転入・転出が可能です。ほかLTEや3Gのデータ通信が利用できるため、
LINEやtwitter等のスマホアプリも問題なく使えます。

昨今ではソニーやVAIOなどの大手企業も参入している格安スマホ。

各社の、格安スマホを比べてみました。








●OCN モバイル ONE





安心のNTTブランド格安SIMで、高速LTE通信が毎月定額にて利用できます。独自サービス型SIMシェアNo.1!!



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
月額972円(税込)から定額でLTE高速通信サービスがご利用できる「OCN モバイル ONE」登場!
ご好評いただいている「OCN モバイル エントリー d LTE 980」がパワーアップし、
ご利用シーンにあわせて最適なコース(最大通信速度と通信容量)が選択可能になりました。

最低利用期間が無く、初月基本料も無料なので、気軽にお使いいただけます。
パケット代を節約したい方におすすめです。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓






●BIGLOBE





LTEデータ通信に特化した格安SIMが月額900円(税別)から!【うれスマ】あんしんセット割で2180円(税別)/月〜





●U-mobile





驚きの安さ!LTE使い放題プランで通信料を気にせず安心して使える!最新のiphoneやドコモ端末を含め、SIM動作確認端末はなんと100種類以上!



●So-net





「So-netモバイルLTEスマホセット2480」はニュースやSMSでも話題の格安スマートフォン!そのなかでもLTE&音声通話で業界最安の月額2480円!

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
         話題の格安スマホプログラムのご案内
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

最近テレビや雑誌で話題の格安スマホって知ってますか?
今、スマートフォンをご利用の方で知らないあなたは損してる!
これからスマートフォンを使ってい見ようという方はこの機会に知っておこう!
安くて、速い!お得な格安スマホは「So-net モバイル LTE スマホセット2480」がおすすめ!!



●DMM mobile





使い方に合わせて選べる豊富なプランで、選べる容量は10GBまで自由自在!ドコモ回線を使用しているので繋がる安心!
posted by 生活の裏技 at 04:05| 節約の裏技(スマホ・インターネット) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月14日

商品購入やアプリ利用で現金がたまるオンラインモール「ドコモ口座 キャッシュゲットモール」

NTTドコモは、4月13日にスマートフォン向けオンラインモール「ドコモ口座 キャッシュゲットモール」の提供を開始した。





 ドコモ口座 キャッシュゲットモールは、家電量販店やファッション関係の通販サイトなどで商品を購入したり、アプリをインストールしたりすると、サイトごとに設定された現金が利用者のドコモ口座にたまるというもの。たまった現金は携帯電話料金やショッピングへの支払い、銀行への払い出しなどに利用できる。対応サイトは200以上。
posted by 生活の裏技 at 02:53| 節約の裏技(スマホ・インターネット) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月03日

驚きのスマホ代節約プラン

スマートフォンって便利ですよね?

わからないことや知りたいことは
いつでもどこでもすぐに調べられるし、
居場所までわかるから、もう道にも迷わない!

でもスマートフォンに変えてから、
何だか料金が高くないですか?

ドコモやau、ソフトバンクならば、安くても
月々6,000円くらいはかかってしまうのでは?

たしかに便利なんだけど、
正直「高いな〜」って思っちゃいますよね?

でも、どうせ安くするなんて無理でしょ?
そんな風に諦めていませんか?

実はMVNOという方法ならば、
月約1000円でスマホを使うことができるのです!



1.MVNOって何?
初めて聞いたし、それがスマホと何の関係があるのか全然わからない・・・
何だか良くわからないけど、難しくて普通の人には無理なんでしょ?
そう思いますよね?(自分もそうでした)
でも実際にはそれほど難しくもなく、人によっては1000円以下でスマホが使えるようになるようです。
知っておいて損はないと思います!





MVNOとは、一言で言ってしまえばインターネットのプロバイダとほぼ同じです。
MVNOの提供するサービスは、大きく分けてデータ通信と音声通話の2種類。
NTTドコモの通信網(データ通信・音声通話)を利用したサービスが多い。
NTTドコモの通信網を利用したサービスなら、全国に広く敷設された高品質なネットワークを利用できる
音声通話などを省いてデータ通信用に特化することで、本家NTTドコモよりも低価格でサービスを提供。


2.気になる料金やサービス内容は?
要するに割安でドコモのスマホと同じように使えるってコト?
でも実際にはどのくらいお得なの?
あと通話とかSMSとか本当に大丈夫なのかも気になるし・・・
普段から良く使うものだけに、
気になることはたくさんありますよね?
(自分もそうでした)
ちょっとわかりにくいですが、MVNOサービス会社によっては、通話やSMSも使えるようです。
各社サービス内容はさまざま。初期費用に3,150円かかります。


料金もサービス内容もわかったけど、
じゃあ一体どうすれば使えるようになるの?

携帯ショップや家電量販店に行って、
「MVNOってやつください」って言えばいいの?

そもそも今まで使っていたスマホが使えるのか、
機種変更が必要なのかもわからないし・・・

たぶんここが一番わかりにくいところでは?
(自分もそうでした)

さすがに携帯ショップや家電量販店では無理ですが、それほど難しくはなさそうです。


@対応した端末(スマホ)を準備する
MVNOとは、携帯会社の通信網を利用するサービスのため、利用するMVNO(=携帯会社の通信網)に合った端末が必要になります。

要するに携帯会社を変えると、
今までの端末が使えなくなるのと同じですね。

なお、基本的に国内では持っている端末を、
別の携帯会社で使うことはできません。
(海外ではそんなことはないようです)

但し、例外的にSIMフリーと呼ばれる端末は、
別の携帯会社でも使うことができます。

新品や中古品のSIMフリー端末を購入する。(Amazonや楽天などでも購入できます)
NTTドコモのスマホを持っていれば、NTTドコモのMVNOでそのまま利用できます。



A利用したいMVNOサービス会社に申し込む
端末が準備できたら、次はMVNOサービス会社に申し込みます。



申し込み完了からしばらくすると、
SIMカードという小さなカードが送られてきます。
【インターリンクLTE SIM】固定IP付きデータ通信専用。業界最安値!


なお、MVNOサービス会社のほとんどが、
クレジットカードでの料金支払いとなるようです。



B端末にSIMカードを挿入して設定を行う
SIMカードが送られてきたら、
次は端末にSIMカードを挿入します。

端末ごとにSIMカードの場所が異なるので、
どうやって挿入するのかわからなければ、
取扱説明書で確認した方が良いです。
(壊したら大変ですからね)

その後、端末画面から設定となりますが、
このあたりはMVNOサービス会社のサイトに
詳しい説明がありますので、
そちらを参考にしてください。




●固定IPアドレス付きデータ通信専用【インターリンクLTE SIM】
【インターリンクLTE SIM】固定IP付きデータ通信専用。業界最安値!








●のりかえプロデュースソフトバンク携帯のりかえ
番号そのまま乗り換え(MNP)で最大30,000円をキャッシュバック
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
  実績No.1!のりかえプロデュース
  来店不要!来店しても交通費負担
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■





ネットからの応募のみのキャッシュバックキャンペーンです



関連記事


●iPhoneを修理

●のりかえプロデュースでお得にのりかえるには?

●スマホ代を節約する方法

●セキュリティーソフトは、無料で導入しよう。

●ゼッタイに損しない!プロバイダの選び方

●インターネット料金を節約する方法

●「パソコンの困った!!」に救世主

●100円でパソコンが買える!?

●Wimax(ワイマックス)のメリット、デメリット



posted by 生活の裏技 at 10:47| 節約の裏技(スマホ・インターネット) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。